BLOG

ブログ

ウルトラQ・O・Lを目指しましょう!! ≪運動編≫

カテゴリー: ミネラルについて 館 幸佑 2013.04.05

前回は糖分を摂りすぎないように注意しましょう!でしたが、今回は、ウルトラQ・O・Lを支える三本柱のひとつ、「Ⅱ 運動編」からのお話です。

 

私たちの病気になる原因のひとつとして、低体温があげられます。

 

一般的に健康な体温は、36.5°C37°Cと言われていますが、近年35°C台という低体温の方が増えています。

 

その原因は食生活の栄養バランスの劣化、生活環境によるストレス、そして運動不足と言われています。

 

この低体温が免疫の働きを弱めることとなり、リンパ球の活性を下げてしまうのです。

 

体温が1度下がると、免疫力が30%ダウンすると言われており、病気になるリスクが高まります。

 

逆に体温が上がれば、リンパ球の数も増え活性化されるため、免疫力が向上するのです。

 

体温を上げ、免疫力を高めるために今日からできる事があります。

 

ウルトラQ・O・Lを実現するために欠かせないもの・・・

 

それが、『ウォーキング』なのです。

 

まずは、一日15分~30分呼吸が乱れず、軽く汗ばむほどが理想的といえるでしょう。

 

この適度な運動は、交感神経を刺激しますが、血行が良くなり、運動を終えた後に訪れる爽やかな心地よさが副交感神経優位の状態を作り出します。

 

副交感神経が優位になるとリンパ球が活発となり、病気などから身を守ってくれるのです。

 

このウォーキングという有酸素運動によって、前回で述べた糖エネルギーの代謝も良くなり、血糖値の低下並びにダイエットにもつながるのですから、ぜひ皆さんも始めてみられませんか!!!

 

健康へのマイウェイを一歩ずつ前進していきましょう。

 

運動時の水分補給の際は、微量ミネラルの補給も重要となります。

 

もちろんここでも植物性ミネラルが大活躍しますよ!




サンクスアイ株式会社
〒861-8035 熊本県熊本市東区御領6丁目1-6
TEL.096-285-3910 / FAX.096-285-3513

日本の農業を変えて、世界の食を正す。
サンクスアイは、植物性ミネラル・フルボ酸を通じ、土壌改良を行い、本物の食物が収穫できる愛産物農法の普及を行うことにより、日本の食の明るい未来を応援しています。

ウルトラQ・O・Lを目指しましょう!! ≪糖質≫

カテゴリー: 食育 館 幸佑 2013.03.29

 

Ⅰ食育編

 

今回は五大栄養素のひとつ、「糖質」におけるお話です。

 

題して、

 

甘い誘惑に負けない!正しい食育の知識と意識を持って、生活習慣病に喝!勝!克!

 

厚生労働省(平成20年調べ)によると、全国の糖尿病患者は237万人。

 

その予備軍となるような強い疑いのある人、可能性を否定できない人を含めると約2200万人とも言われています(2007年国民健康・栄養調査より)

 

そして日本では、年間に110万人の方が亡くなり、そのうちの過半数の方が生活習慣病の三大疾患と言われる、癌・心臓病・脳血管疾患でこの世を去っているのです。

 

つまり、甘いものを過剰摂取した結果、糖尿病に始まり恐ろしい三大疾患に帰結するという歴然とした病気の方程式が存在しているのです。

 

なぜ糖質の過剰摂取を抑制できないのでしょうか?

 

それは、本能的な食欲を誘発する「うまみ成分」こそ、この糖質に他ならないからです。

 

そこで食欲を抑制する、食育の知識と意識が武器となるのです。

 

知識とは、まず、糖質の過剰摂取は血液中の赤血球を団子状態にさせるということです。

 

その結果、赤血球ひとつ分しか通れない毛細血管への血流が滞りその先で待つ細胞に必要な酸素と栄養素が運べなくなるのです。

 

糖質の過剰摂取は、栄養の代謝バランスを崩す科学的ストレスを作り、そこに毒性の活性酸素を大量に発生させてしまい、毛細血管をことごとく破壊してゆくのです。

 

この毛細血管が密集している腎臓が破壊されると、腎不善となり人工透析を余儀なくされます。

 

また、目の網膜に密集する毛細血管が破壊されると、失明を招く結果となるのです。

 

故に「血糖値を管理する」食育の知識と「甘いと感じるものをいたずらに口にしない」という意識、このふたつを持って食欲をコントロールして頂きたいと思います。

 

「糖を征する者、健康を征する!!」皆さん、がんばりましょう!!!

 



サンクスアイ株式会社
〒861-8035 熊本県熊本市東区御領6丁目1-6
TEL.096-285-3910 / FAX.096-285-3513

日本の農業を変えて、世界の食を正す。
サンクスアイは、植物性ミネラル・フルボ酸を通じ、土壌改良を行い、本物の食物が収穫できる愛産物農法の普及を行うことにより、日本の食の明るい未来を応援しています。

ウルトラQOLを目指しましょう!

カテゴリー: ミネラルについて 食育 館 幸佑 2013.03.22

 

Ⅰ:食育編

 

QOL(クオリティーオブライフ)とは、日本語で生活の質と訳されます。つまり「健康寿命」という意味で、高齢であっても病気にならず、元気なまま暮らしていける「健康指数」とも言えます。

 

このQOLを実現させるための三本柱…

 

Ⅰ 食育

Ⅱ 運動(体育)

Ⅲ 睡眠

 

が、存在します。

 

今回は、その中のひとつ食育編からお話させて頂きます。

 

私たちが呼吸によって吸収された酸素、その約2%が私たちの体の中で活性酸素に変わります。

 

免疫細胞は、この活性酸素を自らに取り込み、私たちの体内に侵入してくる細菌を攻撃する武器として使用します。

 

しかしそれ以上に、活性酸素が発生すると免疫細胞も対処しきれずに活性酸素は、野放しの状態になり、体内のいたるところで破壊活動を続けていきます。

 

これに対応してくれるのが、人体における活性酸素の除去メインシステム、SOD酵素の働きなのです。

 

このSOD酵素の働きいかんにより私たちの健康寿命が大きく左右されます。

 

このSOD酵素の働きを活性してくれるのが、亜鉛、銅、鉄、マンガン、セレニウムという5種類のミネラル栄養素なのです。

 

このことからも推測出来るように、ミネラルをしっかり食事から摂ることと、偏食によるストレスで活性酸素を発生させないことが食育の観点からも最も重要なポイントなのですね。

 

母なる地球が1億年かけて作り出した愛と奇跡のレシピ、フルボ酸と70種類以上の植物性ミネラルの摂取こそ、皆様の健康寿命の実現に欠かせない、食育の王道であると考え、これからも皆様のお役に立てるよう頑張って参ります!!

 



サンクスアイ株式会社
〒861-8035 熊本県熊本市東区御領6丁目1-6
TEL.096-285-3910 / FAX.096-285-3513

日本の農業を変えて、世界の食を正す。
サンクスアイは、植物性ミネラル・フルボ酸を通じ、土壌改良を行い、本物の食物が収穫できる愛産物農法の普及を行うことにより、日本の食の明るい未来を応援しています。

『食育の実践こそ、健康のキーワード』

カテゴリー: ミネラルについて 食育 館 幸佑 2013.03.15

皆さん、「食育」という言葉が皆さんの生活の中において身近なものになっておられるでしょうか?

 

平成17年6月10日に成立した日本の法律「食育基本法」の理念に基づいて、

現在サンクスアイが推進している独自の社会貢献活動…

これこそが、サンクスアイの食育、そして未来の食を考える会なのです。

 

お腹がすいたから食べる、美味しいから食べるという感覚だけで「食」を捉えるのではなく、心と身体が病気にならないために何が必要なのか、「考えて食べる」時代となりました。

食物の中に含まれる5大栄養素、(糖質・脂質・タンパク質・ビタミン・ミネラル)

そのすべての栄養素の活性化と調整の全てのコントロールを行う魔法の物質、「ミネラル」の認識なくして食育を語ることはできません。

その事実は、世界のトップレベルの科学者の知るところです。

 

先日も実際に、セミナーに親子で参加しておられる方がいらっしゃいました。

これからの日本の未来を担う子供と大人が、食による会話を通して心の絆を結んでおられる微笑ましい光景がそこにはありました。

 

私たちが目指すのは、

①食に関する正しい知識と意識をもって頂けるように

②食育の実践から習慣化して頂けるように

植物性ミネラルの重要性を、一人でも多くの方にお伝えしていくことです!!!

 

これからもサンクスアイならではの、明るく楽しい食育セミナーを通して、皆様の健康づくりのサポートをして参りたいと思っております。

 

植物性ミネラルのリードオブカンパニーとしての社会的な役割は、今後ますます大きくなっていくことでしょう。




サンクスアイ株式会社
〒861-8035 熊本県熊本市東区御領6丁目1-6
TEL.096-285-3910 / FAX.096-285-3513

日本の農業を変えて、世界の食を正す。
サンクスアイは、植物性ミネラル・フルボ酸を通じ、土壌改良を行い、本物の食物が収穫できる愛産物農法の普及を行うことにより、日本の食の明るい未来を応援しています。

奇跡の13日!幸運が訪れる愛と感謝の日

カテゴリー: 館 幸佑 2013.03.08

当社代表の藤原のラッキーナンバーが「13」ということをご存知の方もいらっしゃるかと存じますが、本日は今月の「13」、3月13日についての情報をお届けいたします。

 

藤原の名前「誠」という名前の画数も、社名の「サンクスアイ」も13画なのです。

 

目に見えない強運の背番号「13」。

 

人と数字の関係は、神秘的な"絆"でつながっているのかも知れませんね。

 

 

それでは、本題に入ります。

 

今からのお話はすべての人に関わる、ちょっぴりワクワクするような数字のお話です。

 

2013年という今年1年の中で、最高の幸運(金運)を運んでくれるラッキーデーが間もなく訪れるそうです。

 

しかもその日が、サンクスアイにちなんだ「13」が並ぶ、2013年の3月13日というから驚きです!!!

 

なぜこの日が縁起の良い日かと言いますと、金運にゆかりのある3つの吉日がこの一日に集中するからです。

 

 

そのひとつは、一粒万倍日(いちりゅうまんばいび)です。

 

その文字からも分かるように、一粒(ひとつぶ)の籾(もみ)が万倍にも実るほどのパワーをもらえる日とされています。

 

何事を「始める」にも良い日とされ、特に仕事始め、開店、種蒔き、出資することなどに吉であるとされています。

 

ですから最近では、宝くじ売り場で一粒万倍日というのぼりをよく見かけるようになりました。

 

 

そしてふたつめは、寅の日《金運招来の日》です。

 

「新しい」物事を始めるのに適した日とされています。

 

十二支の中でも寅は、金運と縁のある干支であり、新しい財布を使い始めるのに良い日とされています。

 

 

さらにもうひとつは、天赦日(てんしゃび)です。

 

この日は、百神が天に昇り、天が万物の罪を赦(ゆる)す日とされ、最上の大吉日。

 

そのため、天赦日にのみ、「万(よろづ)よし」とも注記されるほどです。

 

 

これらの3つの奇跡が重なる日、『3月13日』はまさしく、ミラクル3なのです!!!

 

 

会員の皆様!

 

ぜひこの日は新しい人にサンクスアイ活動を伝え、愛と感謝の種蒔きを!

 

幸せの花を咲かせる奇跡の一日をお過ごしください。

 



サンクスアイ株式会社
〒861-8035 熊本県熊本市東区御領6丁目1-6
TEL.096-285-3910 / FAX.096-285-3513

日本の農業を変えて、世界の食を正す。
サンクスアイは、植物性ミネラル・フルボ酸を通じ、土壌改良を行い、本物の食物が収穫できる愛産物農法の普及を行うことにより、日本の食の明るい未来を応援しています。

13 / 14...67891011121314

カテゴリー

月別記事一覧