BLOG

ブログ

2016年 サンクスアイランド愛媛 田植えイベント開催-2

カテゴリー: その他のスタッフ ブログ 2016.06.23

さあ、田んぼに移動です。

IMG_2266IMG_2270IMG_2272IMG_2276IMG_2278

さあ、いよいよ田植えスタート!

あれ? 社長の隣にいるのは… 宮庄ダイヤです。

IMG_2282IMG_2296

なんと、宮庄ダイヤが田植えをしています、

業界に激震が起こるかもしれませんね(笑)

 

みなさん、田植えをスタート!

IMG_2297IMG_2301

はい、チーズ!IMG_2303

IMG_2306IMG_2307IMG_2308

ここでは、なんと松本ダイヤとツーショット!

IMG_2311

田植えは、足腰をよく使う作業ですので、

無理をせずコツコツと植えていきましょう。

IMG_2315IMG_2316IMG_2318IMG_2324IMG_2332

下段、田んぼのみんなで ハイチーズ!

IMG_2349IMG_2351IMG_2352IMG_2353IMG_2354

今度は、上段・中段・下段の

田んぼのみんなで、

ハイチーズ!

IMG_2356

 

さあ、ラストスパートです。

みんなでがんばりましょう!

IMG_2358IMG_2364

田植えが終わりました。

みなさん、お疲れ様でした!

 

見てください

秋には、この田んぼに稲が実るのです。

IMG_2365

 

さあ~、田植えでついた泥を落として、お着替えをして、

昼食会場に移動…

と思ったのですが?

 

「2016年 サンクスアイランド愛媛 田植えイベント開催-3」につづく

サンクスアイ株式会社
〒861-8035 熊本県熊本市東区御領6丁目1-6
TEL.096-285-3910 / FAX.096-285-3513

日本の農業を変えて、世界の食を正す。
サンクスアイは、植物性ミネラル・フルボ酸を通じ、土壌改良を行い、本物の食物が収穫できる愛産物農法の普及を行うことにより、日本の食の明るい未来を応援しています。

2016年 サンクスアイランド愛媛 田植えイベント開催-1

カテゴリー: その他のスタッフ ブログ 2016.06.23

2016年6月18日(土)サンクスアイランド愛媛の田植えイベントを開催いたしました。

 

9時前 集合場所は伊予鉄松山市駅(高島屋前)

IMG_2219 - コピー

 

9時過ぎ 第一陣の到着!

IMG_2220

早くからありがとうございます。

なんと、昨夜、車で出発して到着されそうです。

「おはようございます!」と元気なご挨拶いただきました。

 

9時30分を過ぎますと、続々と参加者の皆さまが到着されました。

IMG_2221

IMG_2222

IMG_2223

前日から、来られた方もたくさんおられ

全国各地域から、総勢90名にお集まりいただきました。

 

皆さま、本当にありがとうございます。

 

田植えイベント会場まではバスで移動!

バスの中では、恒例の「この街で」を口ずさみながら

いよいよ会場に到着!

IMG_2231

IMG_2236

 

藤原社長より、開会の挨拶。

「全国各地域から、こんなに多くの方々にお集まりいただき、誠にありがとうございます。

今日一日、ケガや事故の無いように精一杯楽しんでください。」

 

梅雨に入り、天気を心配しておりましたが

私たちの社長はさすがです、なんと!「晴れ男」だったのです。

あまりにも天気が良すぎて

「女性の方々には日焼けが気になるほど、天気が良くなり過ぎまして…

誠に申し訳ございません。」 と謝罪する場面も… ^^;

「天気が良すぎて、申し訳ございません」?っていうのも、おかしな話ですね。(笑)

IMG_2239

 

続いて、谷田さんからご挨拶と苗の説明。

IMG_2250

IMG_2260

IMG_2263

みなさん、どうですか?

これが本日植える、逞しい苗ですよ。

機械で植える苗との違いが、はっきり区別できますね。

 

そして、ここが田植えをする田んぼです。

IMG_2276

なんと、上段・中段・下段に先程の苗を植えるのです

冗談(上段)ではないですよ(汗)

 

「2016年 サンクスアイランド愛媛 田植えイベント開催-2」へつづく

サンクスアイ株式会社
〒861-8035 熊本県熊本市東区御領6丁目1-6
TEL.096-285-3910 / FAX.096-285-3513

日本の農業を変えて、世界の食を正す。
サンクスアイは、植物性ミネラル・フルボ酸を通じ、土壌改良を行い、本物の食物が収穫できる愛産物農法の普及を行うことにより、日本の食の明るい未来を応援しています。

「梅雨空の下で」

カテゴリー: ブログ 共同研究農家 2016.06.17

こんにちは。

 

梅雨らしい曇り空が続いていますね。

 

皆さんはいかがお過ごしですか?

 

人間にはジメジメ梅雨を好きという人は少ないかもしれませんが、植物も含めて生きものにとっては、恵みの雨。

5月28日に、サンクスアイの皆さんが埼玉の杉戸で手植えされた田んぼでは、苗が順調に育っていますよ!

IMG_3587

今はぐんぐん水を吸って、成長著しい頃。

 

そして他の生きものにとっても同じ時期です。

 

 

梅雨空の下、たくさんの生きものが田んぼで躍動して生活していますよ。

IMG_3624

ゲンゴロウの仲間の、灰色ゲンゴロウの幼虫です。

 

写真が見えにくくてすみません。

中央の縞々のシャコように見えるところが胴体で、写真右下が頭、左がお尻です。

 

お尻で呼吸!するそうで、時折お尻を水面に出していますよ。写真でもちょうどお尻の方が上がっていますね。

肉食で、他の昆虫や幼虫などをハンティングします。

IMG_3540

こちらは、6月上旬でしたか… 暑い日があって、田んぼに入れる用水の周りに…

 

冷水の涼を求めてか、沢山の泥鰌(どじょう)の稚魚が群がっていたのを社長の欣ちゃんと、スタッフのおじさんが面白がって網ですくっていました。

 

これが本当の泥鰌すくい??

 

観察のために桶でしばらく飼ってみることにしたのですが…

IMG_3542

1匹では可愛いいどじょうも、これだけ沢山いると鳥肌が…。

 

まるでマンモス幼稚園。

 

近寄ると、ぱちゃぱちゃシャワシャワ… なんの音なのか、何かが聞こえる大騒ぎ。

 

 

 

生態系を乱さないためにも、そろそろ田んぼに還しますが、その前に写真を!

 

どじょうの稚魚は、非常にすばしっこく、また、すぐ泥に潜るため、なかなか写真が撮れません。

 

ここぞとばかり、沢山の写真を撮ったのですが…

IMG_3597

浮いている葉っぱに乗って休憩中!

 

可愛いいー!

 

たまたま、ではなく、本当に故意に乗っているのです!

 

時には水草に細長い体を絡めて流されないように、か、体をホールドして休憩する場合も。

シートベルトだ!

 

 

幼稚園児とはいえ、ちゃんとヒゲもあって見た目も可愛いし(主観ですが)。

丈夫であまり世話を必要としないようなので、観察や飼うには超オススメです。

 

育ったら美味しく食べちゃいそう??

 

 

ひょんな社長たちの遊び心から、私も念願の写真が撮れて大満足でした。

 

 

 

そして、空には…

 

それこそ写真には撮れないスピードで、ツバメたちが猛スピードで乱舞!

 

餌になる羽虫を狙って滑空しています!

 

雛鳥に食べさせるのでしょうね!

 

 

 

「ツバメ返し」とはよく言ったもので、見事にうちの有機の田んぼがエンドになると踵を返して戻るので、有機の田んぼが沢山の命を育んでいること… 平たく言うとエサがたくさんいることがわかります。

 

このように、梅雨時には、沢山の生きもの、とくに幼虫や稚魚といった幼いものたちが生きている、または、その幼いものを親たちが育てている時期で、命が躍動する息吹きを聞くことができます。

 

 

 

さて、肝心の稲はというと…。

 

6月2日、そうっと1本抜いてみました!

 

白っぽい所が、新しくのびた根です。

IMG_3429

IMG_3433

たった5日で、2〜3センチ伸ばしていることがわかります。

 

これは、何度も言及しますが、教わった「ポット」という苗箱の良いところ!

 

 

左はポットで育った成苗の根っこ、

右はマットという、一般的な苗箱で育った稚苗の苗の根っこ、まだ種もみがありますね。

 

 

 

ポット苗箱では苗箱の中で独立して苗が育つので、田植えの時にはすぽっと抜いて植えられます。

つまり根っこが千切れず、体力が消耗しないので、植わったすぐ後から成長の活動が出来るのです。

 

対し、一般的な稲作では、根っこがマットのように絡んで、それを千切りながら植えていきます。

参考までにうちのマット苗の根っこです。

IMG_2964

ここまで絡み合った根っこなので、千切って植えていくことになりますし、そうすると植わった後ダメージを修復することに体力が使われてしまいます。

 

 

 

さて、田植え直後の田んぼの泥の下では、激しい生存競争がおこっています。

 

いわゆる雑草も発芽をして、根っこを出して育っているのですが、植物は根っこから酸を出してテリトリーを主張するのだそうで、

つまり根っこが盛んに増えると、テリトリーを主張する物質もたくさん出て、田んぼの中で主役になれるのだとか。

 

 

根っこが出なく、苗が元気のない状態が長くなってしまうと、その間に他の草が根を伸ばしてしまい、稲は田んぼで主役になり損ねてしまいます。

 

 

そうなってしまうと草に負けるため、除草剤が必要という話になってきてしまいます。

 

 

つまり生物学的に弱い苗を植えるということは、除草剤とセットで稲作をするということにつながりかねないのです。

 

 

稲葉先生が有機の稲作は苗八分作、強い苗を育てられたら稲作は8割成功したようなものだ、と教えて下さいましたが、こうやって根っこを見てみると実感します。

 

 

今日6月16日に、また抜いて観察してみようとしたのですが、うちのねっとり柔らかい泥にも、がっちり根を張っていて、とても抜けませんでした。

 

泥の下でどんな風になっているのかな。

 

 

それを想うと、表に見えている葉っぱの状態が存在するには、必ず支えになっている根っこ…

土台や、基礎の世界が存在するのだと気付かされます。

 

それは大抵、普通にしていると目に見えなくて、見ようとしなければ見えない世界なのかもしれません。

 

 

ですが、表の結果や成果だけでなく、その基礎、土台、バックグラウンド… に目をやると、どれほどの支えで葉っぱが風にそよいでいるのかに驚かされます。

 

 

苗にも、私達人間にも、自然界の理(ことわり)が通じているのだろうな、と感じさせられる一瞬です。

 

 

なんて思いながら田んぼを見ていると、なんとも穏やかな時間があたりを包みます。

 

 

IMG_3584

さあ、ぐんぐん梅雨に恵まれ大きくなあれ!

 

網本朝香

 

 

サンクスアイ株式会社
〒861-8035 熊本県熊本市東区御領6丁目1-6
TEL.096-285-3910 / FAX.096-285-3513

日本の農業を変えて、世界の食を正す。
サンクスアイは、植物性ミネラル・フルボ酸を通じ、土壌改良を行い、本物の食物が収穫できる愛産物農法の普及を行うことにより、日本の食の明るい未来を応援しています。

サンクスアイランドは田植え完了!!

カテゴリー: ブログ 共同研究農家 2016.06.03

こんにちは。

夏のような陽気ですね!

 

みなさんいかがおすごしですか?

 

前回あまりの多忙さに・・・うっかりブログを忘れてしまったら、

もうすっかり・・・田植えです!!

 

間があいたので、写真で育つ過程をダイジェストでお伝えしますね!

 

 

IMG_3215

前回は、ここまでだったと思います。

5月5日、小さな鞘葉(しょうよう)がでています。

刀の鞘(サヤ)のようなのでこの名前なんだそうですよ。

 

 

IMG_2807

IMG_2808

5月9日、暖かい5月前半だったので、太陽を浴びて水を吸いあげて、あっという間に大きくなっていきます!

 

育ち具合に多少のばらつきがありますが、だいたい2枚葉っぱがでています。

この状態を2.0葉と言います。(3枚目の出具合で、2.2葉、2.3葉・・・と表現します。)

 

 

そして・・・

 

IMG_2827

サンクスアイさんが田植えをされる田んぼ、サンクスアイランドに水が入りました!

しばらく水を張って、草を抑えるために、あえて草を生やします。

 

きらきら水が反射して、涼やかで気持ちよさそう!!

さっそく土の中で越冬していたドジョウなどが活動し始めます。

 

 

IMG_2884IMG_2886

5月16日、一週間でかなり大きくなりました!

手前のネットで見にくくて申し訳ないのですが、

およそ背丈は10センチほど、3枚葉っぱがでている(3.0葉)でしょうか。

 

青い色の網は防鳥ネットです。

まだ根元に残っている種もみの匂いをどう嗅ぎ分けるのか、スズメが美味しくつつきにやってくるので、完全に種もみがなくなる頃までかけっぱなしにしています。

 

 

21ツバメトリミング

5月27日に田植え前の代かきを行いました。

 

トラクターで代かきをしている周りをツバメ達がたくさん乱舞していたのですが、すごいスピードで飛びながら、泥の表面にクチバシでタッチ??していくのです。

??と思いながら様子を見ていると・・・

 

巣作り用の泥を集めているようなのです!

 

うちの泥が、小さな雛が育つ、ツバメの家の建材になるのか!

 

ちょっと感動!!

 

有機の泥は、建材としても波動が良さそうです(笑)

家族を温かく包むおうちになりますように。

 

 

 

そして5月28日、無事田植えを迎えました!!!

 

遠方からたくさんの方がお越しくださいました!

ありがとうございました!

 

お昼は玄米&白米でカレーでしたが、稲刈りでは新米の玄米&白米おにぎりと豚汁で・・・

 

藤原社長!!秋にお待ちしています!

 

 

 

サンクスアイ米良さんが、先にアップして下さったブログで、当日の様子や苗もたくさん紹介して下さってますね!

 

 

IMG_3425

小さな芽だった苗も・・・こんなに大きくなりました!

 

葉っぱは4枚~5枚出て、4.5葉まで育った大人の苗、成苗です。

 

なんて立派な苗!!!!

 

 

IMG_2949

お祭りから2日あけて月曜日。

すでに葉っぱがピンと張って、天を向いていますね。

IMG_2960

6月2日のようすです。

 

深めに張った水面と一緒に、風にそよいでいます!

 

深水にも、風にも倒れることなく、軸がぶれずにすっくりと立つ姿が、教わった成苗ポット稲作の頼もしい特徴です!

 

 

この姿に惚れて、ずっと成苗稲作をし続けている・・・といっても過言ではありません。

 

 

泥の下で、早くも根っこを張っているからこそ、ぶれない美しい姿です。

 

実は6月2日の今日、植えて下さった苗をそーっと1本抜いてみたのですが、もう新しい根っこを伸ばしていましたよ!!

もちろん、また植え直しておきましたので、ご心配なく。

 

 

次回、また泥の下のお話もしていきましょう!

 

今年はどうやら暑くなるとの長期予報ですが、

 

どんなことにも揺るがずに、みなさんが植えて下さった苗が、健やかに逞しく育ちますように!

 

 

トリミングドジョウ

そしてそして、

 

水を入れたころに、土の下から大きなドジョウが出てきていましたが、そのドジョウたちが産卵したのか、小さな稚魚が孵っています!

2~3センチぐらいの、たくさんのドジョウの幼稚園児??がすばしっこく泳いでいますよ!

 

 

サンクスアイさんからもご案内をして下さるかと思いますが、この場をお借りして・・・

 

 

生きもの&植物調査をご案内させて下さい!!

 

 

私達が杉戸で毎年開催しているイベントで、有機の田んぼの豊かな生態系を先生方が案内してくださいます!

 

 

生きもの先生:林先生

植物先生:関口先生

 

お二人の先生が軽快な語り口で、田んぼの中で営まれている生きものたちの世界を案内してくださいます!

 

先生達と一緒に皆で田んぼに入って、虫取り網で生きもの採取!泥をすくったり、あぜを歩きながらも、生きもの、植物を採取していきます。

 

後程、ゲットした生きものをバットに出して、その生きものたちを前に、先生方が考察して下さいます!

 

 

ある年の考察を一部ですがご紹介しましょう。

 

毛根チェックをする拡大スコープで、

糸トンボのヤゴ(幼虫)のエラや複眼、ユスリカの幼虫の腸の様子、アメンボの足先などをモニターに映してくださったり、

畦の食べられる草をおひたしにして試食させてくださったり!(露草は意外と美味しかった!)

 

 

さあ、今年はどんな生きものに出会えるかな。

 

小学校のお子さんがいらっしゃる方は、夏休み始まる前に自由研究を終わらせちゃいましょう!!

私が全面サポート!!させていただきます!

 

網本欣一主催のイベントですが、サンクスアイの会員の皆様も、ぜひお誘いあわせの上、お越しくださいね!

心よりお待ち申し上げます。

 

 

では、今回は2回分の写真で長くなりましたが、

これから入梅の頃、みなさんご自愛されて、健やかにお過ごしくださいね!!

 

 

網本朝香

サンクスアイ株式会社
〒861-8035 熊本県熊本市東区御領6丁目1-6
TEL.096-285-3910 / FAX.096-285-3513

日本の農業を変えて、世界の食を正す。
サンクスアイは、植物性ミネラル・フルボ酸を通じ、土壌改良を行い、本物の食物が収穫できる愛産物農法の普及を行うことにより、日本の食の明るい未来を応援しています。

サンクスアイランド埼玉、田植えイベント開催!

カテゴリー: その他のスタッフ ブログ 2016.05.30

本日、2016年5月28日(土)は、待ちに待ったサンクスアイランド埼玉での「田植えイベント」開催です!

田植えイベントは今年から規模を拡大し、愛感謝米の生まれ故郷の「サンクスアイランド埼玉」でも、初めて開催させていただくことになりました!

イベント当日は、晴天とはいきませんが、むしろ田植えにはピッタリの適度な曇り空となりました。

集合場所の東武動物公園駅でお迎えする、館さん。1

 

会場に全員集合!2

 

ファーミングリテラシー協会の館さんの挨拶でイベントが始まりました。3

 

 

そして、愛感謝米の生みの親、網本さんのご挨拶。4

 

続いて、いつも志ブログを掲載していただいております網本朝香さんからご挨拶です。5

6

 

この田んぼに、これから愛感謝米の苗を植えます。7

 

苗の植え方を説明していただきました。

そこで、一般の苗と「愛感謝米」の苗を見比べてみると…8

一般の苗とは大違い!生命力にあふれる「愛感謝米」の苗です!9

草の根を見てみると、こちらも一般の苗とは大違い!

この根が、1つの苗にたくさんの栄養を吸収してくれるんですね!

これが「4.5葉自然農法」の違いなんですね。

4.5葉自然農法とは、

通常の田植えに使用される苗は、芽出し〔発芽〕から始まり、若葉が二枚〔2葉〕出たところで田んぼに植えますが、愛感謝米は、5枚目の葉っぱが半分になるまで成長させることで、苗自身が自分の力で、全ての環境に対応出来る『自主性』を発揮しようとするそのタイミング迄待ちます。

4、5葉〔若葉の5枚目が出て半分成長した時点〕で初めて田んぼに植える農法です。

農業の効率性ではなく、あくまで苗自身の生命力を最大限に引き出し、自然に対して強い苗を作り、結果として農薬や化学肥料を必要としない稲(お米)になるのです。

それでは、田植え前にみんなで「ハイチーズ」!10

 

先ずは、苗を田んぼに運びます。111213

 

準備完了!14

 

田植えスタートです。15

田んぼに入った時の地球の皮膚(自然)に触れている事が実感できる足の感触は何とも言えません!

清々しく、優しい気持ちになれる感触でした。16

この田んぼで、美味しい「愛感謝米」が育ってくれるんですね。17

 

参加してくれた子供たちも、一生懸命に苗を植えてくました。

きっと、お米を作る苦労を知り、良い想い出になったと思います。1819

 

皆さん、田植えのコツを掴んだようで、なかなか素晴らしい田植えを披露してくれました。2021

 

田植えもいよいよ終盤を迎えました。

疲れも出てきましたが、ラストスパートです!22

2324252627⑦29

見事終了!

みなさん、お疲れ様でした。

30

みんなで、「ハイチーズ」S_4387168953354

 

田植えの後は、ランチタイム!

メニューは、網本家特製!「カレーライス」です!

3233追加1353637383940414243

愛感謝米のカレーライス!最高に美味しかったです!ごちそうさまでした!

食べた後は、みんなでお片付け!

 

その後は、網本さんの講演!44

4.5葉自然農法について、〔しろかき〕〔育苗〕〔温度管理〕〔刈り取り〕を分かりやすく講演してくださいました。

 

ここで、なんと!

残念ながら、台湾の社長セミナーのため 参加できなかった、藤原社長より、LINE電話!

社長から、皆さまへ、ご挨拶!

「みなさん、参加してくださり、ありがとうございました。」

「台湾社長セミナーのため、参加できずに、誠に申し訳ございません。」

「田植えイベント、最後まで楽しんでいってください。」

社長からの、突然の電話にみなさん、凄く、喜んでいただきました!

 

引き続き、網本さんの講演。

講演の中で、「植物&生き物調査イベント」の案内。

 

「植物&生き物調査イベント」とは?

農薬や化学肥料を使用しないサンクスアイランドは、お米だけでなく、多種多様な「生命(いのち)」も育みます。

ドジョウなどの魚、ゲンゴロウの仲間やトンボの幼虫、水の上を走る蜘蛛、藻類や畦際の植物…。

そんな様々な「生命(いのち)」に触れることがなければ、名はもちろん、存在すら知らない。でも、サンクスアイランドでは、様々な「生命(いのち)」が、豊かに賑やかに生活を営んでいます。

サンクスアイランドで繰り広げられる、豊かで多様な「生命(いのち)」の営みの世界を専門家の先生方がナビゲートし、子供はもちろん、大人も楽しめ、サンクスアイの農育のコンセプトである「自然との調和」を体験出来るイベントです。

こちらのイベントは、後日改めてご案内いたしますのでお楽しみに!45

 

続いては、お楽しみ抽選会!

プレゼントを持って、みなさんのご満悦な笑顔で、「ハイチーズ」46

 

さらに、参加記念として、皆さまには愛感謝米500gをプレゼントする予定が…

網本さん、間違って1㎏を準備してくれました(笑)

 

よって、「愛感謝米」1㎏を参加者全員にプレゼント!

網本さん、ありがとうございました!

 

楽しんだ時間も早いもので田植えイベントの全てのプログラムが終了。

最後に、写真撮影。47

ここで、いつも集合写真で社長がする格好の真似をしたお子さんが登場!

社長の代わりをしてくれたんですね(笑)

 

初開催となったサンクスアイランド埼玉での田植えイベントは、皆さまのおかげで事故や怪我もなく無事に終了することが出来ました。

今から、新米が楽しみですね!秋には「愛と感謝の大収穫祭」も予定しております。

貴重な、そして楽しいひと時を本当にありがとうございました。

 

来月、6月18日(土)には、サンクスアイランド愛媛で田植えイベントを開催します。

ご参加される皆さま、どうぞお楽しみに!

 

サンクスアイ株式会社
〒861-8035 熊本県熊本市東区御領6丁目1-6
TEL.096-285-3910 / FAX.096-285-3513

日本の農業を変えて、世界の食を正す。
サンクスアイは、植物性ミネラル・フルボ酸を通じ、土壌改良を行い、本物の食物が収穫できる愛産物農法の普及を行うことにより、日本の食の明るい未来を応援しています。

8 / 112...456789101112...

カテゴリー

月別記事一覧