BLOG

ブログ

収穫の秋

カテゴリー: ブログ 共同研究農家 2016.09.15

こんにちは。

今年は台風が多いですね。
みなさんのお住いの地域はどうだったでしょうか。

農業の作物だけでなく、漁や住宅、交通・・・など、多大な影響があったニュースが連日放送されています。
安全に台風シーズンを乗り越えられますように。

愛感謝米の育つ杉戸では、台風はなんとかやり過ごしているのですが、やはり雨がちで、少し例年より色づきが遅いです。

ですが、おおむね順調に育っていますよ。
皆さんが手植えして下さった苗も、本当に大きくなりました!

01

穂が垂れて、実が入って、あとは収穫祭を待つばかり!

皆さん、植えた苗がどんなに大きくなったか、どんな表情で風にそよいでいるか・・・会いにお越し下さいね!

さて、収穫まであと少し、最後まで予断を許さないですが、無事を祈って待ちたいと思います。

秋、地域に広がる黄金色を見渡すと、沢山の人がこの収穫に向けて一年間、準備や作業、工夫・・・をされてきた集大成なのだなと感慨深くなります。

お米という字を分解すると、八十八になると聞いたことがあります。

八十八。

お米が実るまで、八十八の手間がかかる、ということなんだとか。

納得です。

振り返ると、お米になって、お茶碗にご飯が湯気をたてるまで、本当にたくさんの人の手数がかかっているのです。

田んぼに水が入る春。
種もみを選んで、お湯で消毒をしたら、毎日水を替えながら浸水して、芽が出たら脱水機へ。
土と種を苗箱にセットして、肥料を敷いた苗床に並べる。

02

たっぷり水をあげてシートをかける。

芽が出たら、鳥よけネットを張って、少し大きくなるまで毎日何回も水やりをして・・・田植えをするまで40日!

苗を苗床からはがして、田んぼまで運んで・・・機械にセットして田植え!

03

田んぼの水管理に苦労して、ザリガニと格闘して(笑)

暑い夏に米糠の追肥もまきました。

04

コンバインで刈られて、乾燥機に入れて、モミガラを外して選別して・・・ようやく袋に詰められます。
宅配業者さんが集荷に来てくれて、全国津々浦々の道路を通って皆さんのお手元に届く。

05

その他にも、田んぼを耕したり、畦を補強して田んぼを整備したり、畦の草を何度か草刈りをして、冬場には米ぬか肥料を仕込んだり。

06

1年分の作業を書くと、われわれのことながら、がんばってるなあとほめたくなります。

そして新米を食べると、そのフレッシュな香りに、一年のことが癒されます。


でも、これはお米に限ったことではないと思います。

私達が生きている以上、本当に本当に、たくさんの人達のお世話になりながら、私たちの食卓は出来上がっているんですね!!
食卓だけでなく、生きる、ということが、人様のお世話になることなんだと思います。


道を歩いてお散歩をするとしても、道路一つ、一人の力では作れません。
田んぼももちろんそうです。
・・・もしかして作れたとしても、その材料となる砂利や泥は地球からのものです。


そう思えば思うほど、お米や野菜、果物・・・が収穫できること、そこから美味しいものが出来上がること、何かが形になること・・・は、たやすいことではないですね。
実りをくれた、たくさんに感謝して、ありがとうを届けて、今年も秋をむかえたいと思います。


そして・・・


サンクスアイランド埼玉でも収穫祭です!!

詳しくは、このブログの前回の記事をご覧くださいね!!

9月19日(月祝)お彼岸の最中で申し訳ありませんが、
稲の色付きの具合で決定となりました。

軍手があればお持ちくださいね。
9月19日までの一週間で雨が降れば、長靴の方がいいと思います。
今のところ、週明けがぐずつきそうなので、お荷物ですが長靴がベターでしょう。

稲刈りガマで、稲をざくざく刈る音は、収穫の音!!
何とも言えない稲の匂いも田んぼに広がります。

07

ぜひ五感で実りを体験しに来ていただきたいと思います!

愛感謝米のお世話人である、網本欣一と、スタッフ一同、
新米の玄米、白米のお結び、ねぎ味噌、豚汁でお待ち申し上げます!

08


サンクスアイ株式会社
〒861-8035 熊本県熊本市東区御領6丁目1-6
TEL.096-285-3910 / FAX.096-285-3513

日本の農業を変えて、世界の食を正す。
サンクスアイは、植物性ミネラル・フルボ酸を通じ、土壌改良を行い、本物の食物が収穫できる愛産物農法の普及を行うことにより、日本の食の明るい未来を応援しています。

サンクスアイランド埼玉 収穫祭のお知らせ

カテゴリー: その他のスタッフ ブログ 2016.08.27

日頃よりサンクスアイ製品のご愛用ならびに、サンクスアイ活動の普及にご協力いただきありがとうございます。

2016年5月に開催された田植えイベントにて、皆さまに植えていただいた苗をいよいよ収穫する時期がやってまいりました!
今回の収穫祭には、サンクスアイ株式会社 社長 藤原 誠も参加いたします。

詳細をご確認のうえ、ぜひサンクスアイランド埼玉へお越しください。

なお、愛媛でも同様に田植えイベントを行っておりますが、こちらの収穫祭は10月に予定しております。
詳細決定次第、改めてお知らせいたしますので、今しばらくお待ちください。

【サンクスアイランド埼玉 収穫祭 開催概要】

日時:2016年 9月19日(月・祝)10:00~15:30(予定)
※雨天決行

参加費用:大人5,000円 / 小人(3歳以上)3,000円
※3歳未満は無料。ただし、昼食の用意はございません。

申込方法:専用申込書をファックスにてお送りください。
申込みファックス番号 096-285-3513
申込書はこちら

申込期間: 2016年8月24日(水)~ 9月13日(火)

定員: 80名
※先日の田植えイベントにご参加いただいた方を優先させていただきますが、
定員に達し次第、受付を終了させていただきます。

集合場所:東武伊勢崎線 東武動物公園駅(東口)

スケジュール:
10:00 集合場所→サンクスアイランドへ移動
10:30 オリエンテーション
11:00 収穫スタート!!
12:30 網本さんの愛感謝米で美味しい昼食
13:30 網本さん講演会
14:00 レクリエーション
15:30 集合場所へ移動(到着次第、現地解散)

※スケジュールは、交通事情などにより変更の可能性がございます。

サンクスアイ株式会社
〒861-8035 熊本県熊本市東区御領6丁目1-6
TEL.096-285-3910 / FAX.096-285-3513

日本の農業を変えて、世界の食を正す。
サンクスアイは、植物性ミネラル・フルボ酸を通じ、土壌改良を行い、本物の食物が収穫できる愛産物農法の普及を行うことにより、日本の食の明るい未来を応援しています。

穂が出ました!

カテゴリー: ブログ 共同研究農家 2016.08.24

みなさんこんにちは。

夏休みも本番ですね!いかがおすごしですか?

今年の埼玉は、近年のような酷い暑さにはなっていないように感じます。
稲も多少すごしやすいのでは・・・

なのですが、関西以西では、連日の酷暑が報道されているので、すごしやすいのは、一部だけかもしれないですね・・・

どちらにせよ暑いので、みなさんは熱中症にはくれぐれもお気をつけて下さいね!

私事ですが、急に杉戸でも暑くなった先日のこと。
屋内にいたのですが・・・あまりに忙しくて、朝からご飯を食べれずに夕方にドーナツを食べたら急に頭が痛くなり・・・吐気ももよおして、

立派な屋内の熱中症になりました(^_^;)

低血糖だったところに、甘いもので血糖値が急にあがったことも引き金になった感があります。

皆さんは、水分、塩分・・・だけでなく、夏こそしっかり、ペコペコになる前にお食事を召し上がって下さいね!

田んぼの作業でも、この時期の無理は本当に禁物。
休み休み、休憩をとりながら夏を楽しみましょうね!

さて、サンクスアイの会員の皆さんが手植えをして下さった田んぼでは・・・

稲穂が顔を出しましたよ!

image1

この前にご紹介した、幼穂(ようぼ)・・・
穂の赤ちゃんが、茎の中で大きくなってお誕生!

茎に守られている間は、赤ちゃんがお母さんのお腹の中で守られているようで、外の世の中に出てきた!といった風に見えませんか?

image2

そうなると、この穂は、まさに只今出産中、といった感じですね。

茎を割って穂が出て来ている最中です。フレー!フレー!

この段階では、まだ花は咲いていなく、少しすると、緑のモミが割れて、中から雄しべが伸びてきて・・・

image3

花が咲きます!

見えますか?

白い小さな花です。

この花が結実して、一粒のお米に実るんです!
スーパーフラワーですね!

また、昨年も紹介させていただきましたが、稲は、一つのモミの中から伸びる雄しべ(白い花)と、その雄しべの根元の雌しべ、一粒のモミの雄しべ雌しべのペアで結実するそうです。

家族のお父さん、お母さんがお米を産むみたい!

穂が茎を割って出てくる出産のようなシーンといい、稲が育つ中で、局面となる大事なシーンは、とても人間のそれと重なって、なんだか不思議です。

image4

全体では、8月11日の段階では、まだ穂が出揃っていなく、気の早い先陣が顔をのぞかせている段階なので、

半分以上穂が出揃って出穂(しゅっすい)となります。

さあ、出穂後、目安としては、約35日で収穫となります。
あとは台風などになぎ倒されないことを祈りながら、収穫を待ちましょう!

網本朝香

サンクスアイ株式会社
〒861-8035 熊本県熊本市東区御領6丁目1-6
TEL.096-285-3910 / FAX.096-285-3513

日本の農業を変えて、世界の食を正す。
サンクスアイは、植物性ミネラル・フルボ酸を通じ、土壌改良を行い、本物の食物が収穫できる愛産物農法の普及を行うことにより、日本の食の明るい未来を応援しています。

ビ―――――――ル―――――――――!!!

カテゴリー: ブログ 共同研究農家 2016.07.29

みなさんこんにちは。

ようやく7月28日に、関東の梅雨明けがニュースで報じられましたね!
なのですが、梅雨明け独特の、空気が軽くなった感じはまだ薄く、今日29日はまだ曇天で、もったりした空気、そこまで暑くはないですが湿気が多くて蒸し蒸ししていますよ。
8月から暑くなるとのことで、今のうちに涼んでおこう・・・は、稲も一緒かもしれませんね!

さて、サンクスアイの会員の皆さんが手植えをして下さった苗も、すっかり大きくなりました!

ab0729_01

大きくなった!!

そして・・・な、な、なんと!!
茎の根元に、穂の赤ちゃん!!ができていましたよ!!

ab0729_02

幼穂(ようぼ)といって、穂の赤ちゃんです。

茎を一本カットしてきて、真ん中からカッターで半分に割ったところです。
写真の下の節から、上に向けて白い小さな筆の先のような形が幼穂です。

今2センチぐらいに育っています。
まるでかぐや姫のようですね!!かわいい!!!

ab0729_03

茎もこれだけ大きく成長しています。
写真下の、根元の節に今幼穂が2センチぐらいあって、ぐんぐん上に伸びて、写真上の方の葉と葉の間あたりから、目に見える形で穂が出る(出穂(しゅっすい))まで、あと15日くらいでしょうか。

お盆頃には、また穂の写真をお届けできるでしょう!

さて、田んぼでは、ちと生えた草もスタッフが草刈りに入ってくれて、畝間が見えるようになりました。

ab0729_04

そして・・・草が生えたことで、少し肥料切れを起こしたか、ちょっと葉色が淡くなっていたので、追肥の判断をしましたよ。

ab0729_05

ab0729_06

追肥も同じく、米ぬかを発酵させた自家製肥料です。アースジョイも入っていますよ!

追肥のための機械にたっぷり入れると・・・約40キロ!
それをリュックのごとく背負って、動力となるエンジンをかけて、田んぼの中に入ります・・・

しかもこの日は梅雨の中休みで晴れていて、陽射しもあって暑かった!

ab0729_07

しかも、まいていると3分もしたらタンクは空になるのです。

その度に畦に置いてある肥料の袋まで戻ってきては、機械を背中から降ろし・・・
欣ちゃんが、田んぼの中を何往復としていましたよ。

私は畦にスタンバイして肥料を入れる手伝いだけでしたが、それでも汗だくになりました。田んぼの中、これを背負っている欣ちゃんの心中といえば・・・


ビーーーーーーーーーーールーーーーーーーーーーーーー!!!

でしょうね、間違いなく。オツカレちゃんです。


さて、たまには?小難しい話をしようと思います。

追肥とは、字の如く、追加で入れる肥料のことで、

田植え前の元肥や、田植えと同時に入れる同時散布肥料とは区別して、田植え後追加でいれることを言います。
追加する時期によって、稲のどの成長ステージを助けるようになるかが変わってきて、呼び名も違ってくるんですよ。

大きく分けると・・・

○茎肥(茎が育つ時期に、茎を太くするための肥料)

○穂肥(穂が出来る時期に穂が出来ることを助けるための肥料)

○実肥(出穂といって、穂が出前後に入れる肥料)

の三種が主にあるようです。


もちろん、葉色を見ながら、必要ない場合は入れません。
(余談ですが、追肥だけでなく、元肥も同時散布も入れずに、無施肥でされている方もいらっしゃいます。)

そして、追肥も時代とともに変化をしてきています。

戦後しばらくは、多くの働き盛りの男性が戦死されて、残された女性で田仕事も子育てもしなければならない時代でした。
悲しむ間もあったかなかったか・・・想像を絶する大変さだったことと思います。

そうなると、稲作においても、いかに効率よく収量を増やすかが一番の目的になって、実を太らせ多く収穫をしたいと、追肥は実肥が中心だったと聞きます。


当時は、化学肥料が出始めの時代でした。
実肥の時期に化学肥料で追肥を入れると、確かに収量は増えたそうなのですが、

どうやら・・・ご飯の食味がパサパサして悪くなることが、その後の時代とともに、経験で、そして研究で分かってきたといいます。


パサパサして、飲み込みにくい感じ。

私は今年41歳ですが、小さい頃の給食のご飯が思い出されます。
私が子どもの頃といえば、ちょうど高度成長期の終わり頃でしょうか。

お米に限らず造れよ作れよで、どう作るかはあまり気にされていなく、その後の環境負荷も気にされていませんでした。
生活排水が川に流れて、家の目の前の溝もなんだか臭いし、田んぼの取水口も洗剤の泡が渦巻いているような、京都の中心を流れる鴨川でさえ、そんな状態だったことが記憶にあります。

農薬散布も盛んに行われていましたし、お米の味もなんだか美味しくないと、給食の時にも思ったものです。
もっとも私の育った京都は、京料理のお膝元なのに、当時はパン食の方が多かったので、ご飯については少ないという記憶も同時にあるのですが。

そんな頃でしょうか、お隣の滋賀県は琵琶湖を目の前にして、生活排水などが与える環境負荷のことをいち早く実感されたのでしょうか、危機意識を早くから持たれていたようで、

引っ越しをして滋賀に移り住んだ同級生の手紙には、給食はご飯が中心で、班ごとにお鍋などをつついたりして、郷土色豊かです、(デザートも毎日出してくれるんだそうな!!!!)との内容に驚いた記憶があることと、

母が無リン系の洗濯洗剤を買ってきて、環境のことについて話してくれて、滋賀の方々は地域で洗剤に気をつけているんだよ、と教えてくれて、それが今でも記憶に残っています。


実際、滋賀の方々は、いち早く有機稲作に地域で転換されたそうで、私達の先生の稲葉先生も、よく滋賀に指導に出向いてらっしゃいます。

同級生の給食は、そういう地域性が結実した結果だったのかもしれません。


(もちろんずいぶん前から、わが故郷も生活排水は下水道が受けてくれるように工事も進み、鴨川も澄んだ水を取り戻し、鳥たちの熱心な魚を狩る姿が沢山見られるようになっていますよ。)


追肥から話がそれましたが、

つまり、実肥、穂が出た頃に肥料を入れてしまうと、たとえ有機質の肥料でも、肥料養分がむしろ稲の負担となって、

稲がストレスからお米を守るための、プロラミンという、硬いたんぱく質を作ってしまうそうなのです。


まるで鎧(よろい)ですね。

(人間の心理と、とても似ているような気がします・・・。)


このプロラミンのことは、以前にお話ししたでしょうか。


そう、実はお米にもタンパク質って含まれているんです。

日本人は、1日のうちの18パーセント、お米からたんぱく質を摂取していると言われています。


お米には、4種類のたんぱく質があるのですが、
そのうちの一つ、このプロラミンというたんぱく質は水にも溶けない、アルコールにしか溶けない性質で、

つまり、お米を研いで浸水しても、炊いても、唾液でも!体内でも!!・・・なんとも消化できない、硬いたんぱく質なんだそうです。

浸水の際に、中まで水が沁みこむのをブロックする作用があるので、炊き上がりがまずくなり、また、唾液でも溶けないので、食味も硬くなってパサパサと美味しくなくなるんだそうです。

つまり、私の小さい頃のパサパサしたご飯の食感は、稲が実肥でうけたストレスに起因していたのか・・・
・・・か、どうかは定かではありませんが、ない話ではないと思います。

大きくなってから、ひょんなことから情報と記憶が結びつくこともあるもんですね。

今では、一般常識でも、実肥は避けて、その手前でまく、穂肥がいいと言われるようになりました。

更に、稲葉先生は、追肥をする場合は、実肥え、穂肥えよりも・・・さらに手前でまく、「茎肥え」と教えて下さいました。

つまり茎の中・・・茎の根元に穂の赤ちゃん!(幼穂)が生まれるので、穂を大事にするなら、その前の茎を大切にする考え方です。

全てのことは原因が先にあって結果が目の前にあるのですから、その先手を打つ、ということでしょうかね。


愛感謝米が育つ春日部の田んぼでは、毎年田植えと同時に、米ぬか発酵肥料を散布しますが、米ぬかなどの有機肥料の場合、これが茎肥えになるんだそうです。

ab0729_08

これは昨年の写真ですが、手前に見える、ベージュ色のものが米ぬか発酵肥料で、田植えと同時に散布しています。
これは茎を形成するころにゆっくりと効いてきて、茎肥えとなるわけですね。


実は、追肥は、元肥が切れちゃったから追加で足す・・・以外にも、やり方としてあるそうですし、

追肥一つとっても、何一つとっても、稲作は本当に奥が深いなと実感します。


さらにこれを業にしようとすると、広い面積を丁寧に、適切時期に作業をすることは・・・本当に至難のワザになります。

今回は、何枚か追肥に入りましたが、なんしか陽射し照る田んぼの中を40キロ背負って往復しないで済むように、追肥になる前に草対策などの技術をブラシアップしていきたいものです。

(もちろん、追肥を入れなくてもいい田んぼもたくさんあるんですよ!)

全国の足腰をきたえたい諸君!!
または、日焼けをしたい諸君!!


田んぼには、日焼けに鍛えるに、うってつけの作業がたくさんありますよ!絶賛募集中!

・・・いえ、日焼けに関しては、訂正します。

見事な白いTシャツを着たかのような、なんともざんねんな職業日焼けになりますよ。


さあ、梅雨も明けたことですし、皆さん夏をめいっぱい楽しんでおすごしくださいね!


網本朝香

サンクスアイ株式会社
〒861-8035 熊本県熊本市東区御領6丁目1-6
TEL.096-285-3910 / FAX.096-285-3513

日本の農業を変えて、世界の食を正す。
サンクスアイは、植物性ミネラル・フルボ酸を通じ、土壌改良を行い、本物の食物が収穫できる愛産物農法の普及を行うことにより、日本の食の明るい未来を応援しています。

震災支援についてのご報告

カテゴリー: その他のスタッフ ブログ 2016.07.27

この度は、熊本大地震による甚大な被害に遭われました皆さまに心からお見舞い申し上げます。

弊社も甚大な被害をうけた中、全国及び海外の会員の皆さまから温かい励ましのお言葉をいただき、心より御礼申し上げます。

皆さまからお寄せいただいたご支援は、写真の通り防災セットのほか、今回必要性を感じた生活用品の購入に充てさせていただきましたことをご報告いたします。

熊本スタッフのからも、まだまだ余震が続き「停電になり暗くて怖かった」「翌日の食べ物に困った」「防災用具をまとめておけば良かった」と不安な中、この防災セットのおかげで安心して業務に取り組むことができます!と喜びの声が届いております。

改めて、スタッフ一同心より御礼申し上げます。誠にありがとうございました。

20160706_102103
emergency_goods_2

サンクスアイ株式会社
〒861-8035 熊本県熊本市東区御領6丁目1-6
TEL.096-285-3910 / FAX.096-285-3513

日本の農業を変えて、世界の食を正す。
サンクスアイは、植物性ミネラル・フルボ酸を通じ、土壌改良を行い、本物の食物が収穫できる愛産物農法の普及を行うことにより、日本の食の明るい未来を応援しています。

6 / 112...2345678910...

カテゴリー

月別記事一覧