BLOG

ブログ

畦も彩とりどり!!

カテゴリー: ブログ 共同研究農家 2017.05.18

サンクスアイの会員の皆さん、こんにちは。

ゴールデンウィークはいかがお過ごしでしたか?
われわれ田んぼマンは、ゴールデン田んぼウィーク、略してG・T・Wでしたよ~!
それでも、今年はお天気も良く、気持ちいい作業日和でした。
カラッとしていて、きれいに晴れて、本当に気持ちよく、すごしやすい季節になりましたね!


4月の中旬ごろからこの季節は、田んぼの畦が小さな野草たちの花で彩とりどりになります!
道端や畦に茂って、多くの人が嫌う対象にしているだろう雑草ですが、この時期は、本当に可憐な花を咲かせ、まぶしい光をを放っていますよ。
そう、どんなものでも、歩み寄ろうと思って見てみると、雑草でも可愛く見えてくる・・・かもしれない!
・・・ええ、もちろん私は雑草について、困ることもありますが、大好きです。
困る=嫌いではありません。

小さい頃、小さな野花たちと一緒に遊びました。
私にとっては遊び相手のような存在だったかもしれません。
世の中の多くの意見??であろう、「雑草=厄介者」のレッテルが、ほんの少し変わるといいな、の期待を込めて、少しばかり、野草雑草の世界を紹介させてください!


群青の小花を群生させるのは、おおいぬのふぐり。
大犬のふぐり(玉袋)。。。という意味の、なんとも残念な名前がついていますが、春の草むらに、青空がおりてきたかのような、深みのある青が私は大好きです!
せっかく可愛らしい花なのに、もうちょっとよさげな名前が思い付かなかったもんだろうか。。。


こちらは蛇イチゴ。
もう少しすると、真っ赤な小さなイチゴのような?実をつけます。

・・・実は、蛇はこの実を食べないそうで。びっくり。前出のおおいぬのふぐりと言い、昔の人は割と適当に名前を付けてるんですかね・・・。
そして、皆さんは小さい頃お母さんに、蛇イチゴは毒があるから食べないように、と教わりませんでしたか?
しかしながら、なんと・・・毒はないそうなのです。2度目のびっくりです。
ですが、おいしそうな見た目とはウラハラに、まったく甘みもないので美味しくなく、しかも、よく畦ぎわに咲いているので、お散歩の犬のオシッコがかかっていたりと不衛生なので、子ども達が食べないようにと、「毒がある」と言い伝えられているそうですよ。
そう思うと、蛇イチゴの名前の由来も、子どもが食べそうになったら、蛇が来るよ、と食べないように諭した、親心だったのかもしれません。


ハコベです!
「白」に納まりきらない、「純白」の小さな花が咲きます!
このハコベが、はこべら(繁縷)の名で知れた、春の七草のことだとは、あまり知られていないかもしれませんね。
実はタンパク質、ビタミンB,Cなどに富んでいて、昔は歯みがき粉にも使用していたそうです。
お正月明けの、ごちそうを食べて疲れた体に、滋養に富んだ七草粥は、理にかなっていたのですね。


赤紫の花がかわいい、カラスノエンドウです。

カラスより小さい・・・スズメノエンドウです(笑)
カラスのエンドウと、スズメのエンドウ、葉や花の形が似ているのですが、カラスの方がもちろん大型、スズメのほうが小型です。
人間様の食用の野菜に、えんどう豆(グリーンピース)がありますね、そのえんどう豆の葉や花の形にとても似ているので、「カラスのえんどう」。
もっと小さいのがあったので、「スズメのえんどう」・・・実に簡単な名付け方ですね。
ちなみに、「カラスとスズメ」の「間の大きさ」の「カスマグサ」という草もあるそうで、本当に単純明快です。
カラスノエンドウの若い上の部分は食用にできます。古代オリエント(地中海地方)では、食用作物で、栽培していたのだそう。
下になると筋張ってくるので、若い上部だけ摘んで下さいね。
さっと湯がいて御浸しにしたり、お吸い物、天婦羅などがよく合うそうです。豆くさい香りがなかなかに美味しく、豆苗に似ている味(主観)です。
注意点として、人間様に美味しいものは虫にとっても美味しいようで。
虫がついていないか、よく確認して若い芽を摘んでくださいね・・・。(若い芽の時期を外すと、アブラムシがごっちゃりつきます。)


ハルジオン(春紫苑)です。
実は要注意外来生物で、全国に分布しています。要注意と言っても、明治の時代からすでに日本に入ってきたようで、防ぐにも防ぎきれず、空き地や畦で、もう馴染みの植物になっていますね。
要注意、とはいっても、「生きものが生きる」ということについて、命には何の悪意もありません。
ですが、島国で競争相手が少なく、気候も温暖な日本古来の固有種は、おおむね小ぶりで繁殖力も強くなく、広い大陸でもまれながら強く進化した外来種が入ってくると、繁殖スペースを確保できなくなり、固有種が衰退してしまう事例が多くあります。
交通網が発達し、海外や他地域との往来が激しい現代、植物も生きものも、簡単に国境や地域を越えるようになり、外来種の問題はとてもコントロールしがたい問題ですし、また、駆除をすることは、ある意味、自然の生命活動をコントロールすることにならないか、という倫理の観点からの議論もあり、難しい問題となっています。



菫(すみれ)です。
菫はたくさんの種類があり、プロでも「何スミレ」か、見極めることは難しいそうですが、庭先や畦に少なくとも何種類か見かけます。
スミレは一株2~3年生きるそうで、今年もまた同じ場所に咲いたなぁ、と見つけると嬉しくなります。ということは、畦にスミレが咲いていたら、少なくともここ2年ほどは根まで枯らすような除草剤は撒かれていない、そう推測できる、指標植物と言えますね。
6月ごろでしょうか、とても美しい形の種をつけますよ。


きゅうり草・・・。
こんなに可愛いのに。きゅうりとは似ていないのに。
摘んでもむときゅうりの匂いがするからだとか。
もんでみました。嗅いでみました。そうは思わないんですけどねぇ・・・。


言わずと知れたタンポポ!

白花タンポポも咲いています。
タンポポは、やっぱり子どもたちの身近な遊び相手!
三女が指輪を作ってくれというので、茎を指にくくりました!
こんな穏やかな時間を持てること自体がありがたいです。

以上、全国どこにでも咲いている雑草ですが、ご紹介しました。
まだまだ田んぼの畦にはいろんな草花が咲きます!
地縛り、白詰め草、土筆(つくし)、スギナ・・・。

今まで知らなかった、あってもなくても関係ない、なくなったとしても世界は変わらない・・・。
もしかしたら、そう思われているような、名前をいちいち気にも留めない「雑草」かもしれません。
ですが・・・多分、世界は全てにおいて、無関係ではないのです。
この植物たちが、生きて小さな花を咲かせるからこそ、そこに「住む」「食べる」「蜜を吸う」虫たち、生きものが生きることができます。
ある特定の植物しか食べられない昆虫もいますし、植物の種類が多いということは、それだけ生きものの種類が多く養われている、ということに直結します。

また、小さな生きものがいなくなると、次第に、小さな生きものを食べていた鳥や小動物がいなくなり、やがて大きな動物たちががいなくなります。
除草剤などの影響で花が少なくなり、エサとなる花粉や花の蜜がなくなった結果、ミツバチが少なくなって・・・ミツバチが自然と受粉を手伝っていた、果物などの生産現場が困っていることは有名な話です。

また、小さな植物たちは根を張ります。
根からは、それぞれの種が違った分泌物を出していて、その分泌物を特定の微生物が栄養源にして繁殖したりするので、植物の種類が多ければ、微生物の種類も多く増え、土の養分が多様になり、結果土が豊かになります。もちろん草が秋冬になり枯れると、微生物たちが分解をして、土が作られます。私たち人間も大きな動物の一種、とする限り、地球上に一緒に生きている、この小さな花たちと無関係ではないでしょう。


・・・と、小難しいことを書きましたが、要は、ちっちゃな頃、誰しもが一度は植物や生きものと遊んで大きくなってきたのでしょうから!!

サンクスアイ株式会社
〒861-8035 熊本県熊本市東区御領6丁目1-6
TEL.096-285-3910 / FAX.096-285-3513

日本の農業を変えて、世界の食を正す。
サンクスアイは、植物性ミネラル・フルボ酸を通じ、土壌改良を行い、本物の食物が収穫できる愛産物農法の普及を行うことにより、日本の食の明るい未来を応援しています。

4人の稲作研修生ともども、よろしくお願いします!

カテゴリー: ブログ 共同研究農家 2017.04.21

サンクスアイの会員の皆さん、ご無沙汰しています。
すっかり季節は春本番!稲作農家にとっては田んぼシーズン突入! となりました!
忘れ去られていないでしょうか・・・ぐらいご無沙汰してしまったので、改めて名乗りますと、杉戸町の有機稲作農家・網本欣一の嫁の朝香です。

3月の幕張のコンベンションでは、お会いできて光栄でした。太鼓から始まり、会場がずっと熱気に包まれていましたね!
一年の節目となる佳き日、皆さんの晴れやかな姿が印象的でした!誠にお芽出とうございました!!

最後に会場で、フィリピンでお医者様をされているとの女性から、声をかけていただいたのですが、彼女のお国では、稲作を三期作(同じ稲を一年に3回収穫することで、暖かい南国ならではですね)をすることで土地が痩せて、農薬化学肥料に依存してしまっている現状と、彼女はお医者様なので、子供達のアトピーをとても危惧している、ということをお話ししてくださいました。

作物という名の植物が、本領発揮できるような農業・・・

植物の本来のリズムに、人間が合わせて農作業をするようになると、どんな環境にでも、植物自らが順応して、その土地にあった育ち方をするようになります。

稲葉先生提唱の有機成苗稲作が「本当の意味で確立する」とは、(例えば)埼玉でのやり方に固執することではありません。南国で、埼玉でのやり方に固執していると、もちろん上手くいきませんね。「その土地、その国、その環境において、稲が本来の力を発揮する方法を引き出す。」が、本当の意味の確立だと思っています。

そういう意味では、埼玉で稲作に従事してきた私達にとって、今回、コンベンションでも発表の場をいただきましたが、藤原社長に、関西・九州といった、埼玉以外の地域の稲作研修生の方々との出会いをいただいて、有機成苗稲作の研修をさせていただくのは、とてもチャレンジでもあります。

埼玉での稲作。
関西での稲作。
九州での稲作。

どれもきっと具体的な方法は違うでしょう。
でもその地域にあった方法を導き出す、「洞察力」・・・稲を感じる力、とでも申しましょうか、どんな土地、例えば南国であろうと、北国であろうと、稲が順応してたくましく育つことを応援できる、という、全ての礎になるであろう力を4人の研修生の皆さんと、探っていけたらと思います。

会員の皆さん、まずはこの一年、4人の研修生さんの応援をよろしくお願いします!
そして、日本のどの地域でも安定してできるようになることが、前出の、南国のお医者様のお国の農業事情の改善にお役に立てることに繋がっていくのでは・・・と思っています。
踏み出したこの1歩が、足元から波のように広がっていきますように!!

さてさて、ご無沙汰をしていた間の作業をぎゅぎゅっと濃縮公開!!
まずは冬の間の準備です。






モミには、昨年の稲が田んぼから吸収したシリカ(二酸化ケイ素とも呼ばれます)が多く含まれているそうで、田んぼに還すことで、田んぼからシリカを持ち出さずに済み、翌年も稲が丈夫に育つようになるそうですよ。

そして春先には種の準備が始まりました! 写真をうっかり撮っていないのですが、種籾(たねもみ)を塩水の浮力を使って選ぶ、塩水選からスタート!
浮く軽い種は、未成熟だったり、病気にかかっていたりで、種には不向きなので取り除き、重く沈む種は、成熟して健康で詰まった種、に取り分けます。
そして、重く沈んだ種をネットに集め、お湯で消毒をし、(温湯消毒(おんとうしょうどく)その後、芽が出るまでゆっくり冷水に漬けます。(浸種(しんしゅ)




上は、浸種の写真ですね。
いま、網本欣一の有機の種もみはこの段階です。

一方、田んぼでは、春先から、苗床(なえどこ)と言って、苗箱を並べて、苗を育てる場所の準備をしました。



畦で田んぼの一角を区切って、その中に水を入れ・・・(ちなみに、これは水道水なんです・・・杉戸ではこの時期まだ農業用水のパイプラインが開栓になっておらず・・・毎年この時期は水道代がオソロシイ!)



トラクターで平らにならして・・・乾かします!




乾くと、高低差を削ったり調整をして完成! ここに、これから仕込む苗箱を並べていきます!
春の有機成苗稲作の作業をダイジェストでご紹介しましたが、一般的な慣行栽培では、これら塩水選や温湯消毒の作業はせず、薬剤で消毒して、未熟種だろうとすべての種を使用することが多いですし、浸種も、冷水ではなくお湯につけて、早く芽を出させることがほとんどです。

また、育苗でも、露地ではなく、ハウスの中で温度をかけて早く背丈を伸ばすので、組織の弱い苗となり、薬剤がセットになってくる稲作技術体系が日本だけでなく世界で一般的になっている、と言えるでしょう。
前述の南国のお医者様の国でも恐らくそうでしょうか。
何が問題か、ですが、私は、有機稲作は、知恵さえあればできるんだ、という情報が不足していることが一番目の問題だと思っています。

稲葉先生提唱の有機成苗稲作は、稲に寄り添って稲が何をしてほしいかを農作業の軸とされていて、成苗まで育った稲は、丈夫でそれはたくましい苗に育ちます。
その姿をちゃんと見ていただければ、今、広く一般的に普及している稲作だけが全てではない、ということが分かっていただけると思います。

その次に問題になってくるのは、やはり手間でしょうか。
有機稲作には、今回ご紹介した作業だけでも、慣行栽培にはかからない手間がかかっていますし、手間がかかっているということは、それだけの手間をかけようと思う「情熱」がかかっている、手間を支える意欲と情熱が必要不可欠なのかもしれません。

今回、名乗りを上げてくれた稲作研修生の4名はまさに、情報を知るというご縁があって、さらに意欲と情熱がある方達というわけですね!
かくして、研修生4名の方は、有機成苗稲作の世界に足を突っ込まれました。(笑)
研修はすでに始まっていて、毎日のようにグループラインで意欲的に質問が飛び交っていますよ。

これからも、稲作に携わる人々、もちろんお米を食べて下さる消費者の方々にも、様々な方法が選択できるようになると、もっと有機の間口も広がるのでは、と思います。
有機稲作の面積が広がるということは、より健康な土地が増えるいうことにつながります。

それは稲作農家や農業関係者だけでなく、地球上に住まわせてもらっているすべての人の目指すべきところだと思うと、ファーミングリテラシー協会での、サンクスアイの会員の皆さんも応援して下さる、生産者と消費者が一体となったこの取り組みが、有機農業界の新たな風、新たな一歩になり得るのでは、と思うのです。

藤原社長は、少々の失敗は人間ですから仕方がないこと、思い切ってチャレンジしてくださいね、と言ってくださいました。失敗も成功も糧にできるような、充実した研究結果を皆さんにご報告できるように、研修生ともども、一年一緒に挑戦していきますので、再度になりますが、何卒よろしくお願い申し上げます!!

さあ、どんどん暖かく、むしろ暑く?感じる、新緑の日々が始まりました。
皆さん、初夏の陽気を存分に楽しまれて、素敵なゴールデンウィークをお過ごしくださいね!!


網本朝香

サンクスアイ株式会社
〒861-8035 熊本県熊本市東区御領6丁目1-6
TEL.096-285-3910 / FAX.096-285-3513

日本の農業を変えて、世界の食を正す。
サンクスアイは、植物性ミネラル・フルボ酸を通じ、土壌改良を行い、本物の食物が収穫できる愛産物農法の普及を行うことにより、日本の食の明るい未来を応援しています。

ファーミングリテラシー協会主催 農育イベント「田植祭」 開催のご案内

カテゴリー: ブログ 共同研究農家 2017.04.18

いよいよ田植えの季節がやってきました!
今年もファーミングリテラシー協会理事である、埼玉県 網本欣一さんの農場で農育イベント「田植祭」を開催いたします。

ファーミングリテラシー協会では、志である「豊かさの先に食べられる喜びを」を実現するため、有機農法で育成された“愛産物”の栽培に取り組む農家さんを支援しています。
その愛産物である“愛感謝米”の稲を皆さまの手で、有機稲作によって作られた、健全で肥沃な田んぼに植えてみませんか?

さらに今年からは、もっと田んぼに触れあっていただくために、「泥んこ競技」を開催いたします。
大人も子どもも老若男女問わず、ご参加いただける種目を用意いたします。

一日を通し、ファーミングリテラシー協会の取り組みに触れていただけるイベントとなっております。
多くの方のご参加、心よりお待ちしています。


【概要】
開催日:2017年5月28日(日)
開催時間:10:00~15:30(予定)
開催場所:ファーミングリテラシー協会理事 網本さん農場
住所:〒345-0014 埼玉県北葛飾郡杉戸町大字才羽1288-2
当日のプログラム(予定):
09:30 集合(現地または東武動物公園駅東口)
   ※お申込み時に、集合場所をお知らせください。
10:00 オリエンテーション
10:30 田植え スタート
11:45 泥んこ競技 スタート
13:00 愛感謝米で美味しい昼食
14:00 網本さん、生き物調査 関口晋太郎先生の講演
14:30 抽選会
15:30 現地解散

【申し込みについて】
参加条件:サンクスアイ会員およびそのご家族
参加費:大人 5,000円、子ども(3歳以上)3,000円
申し込み方法:
ファックス:サンクスアイ会員専用ページ 資料ダウンロードにある専用申込書にてお申込みください
田植祭申込書はこちら
ウェブ:専用申込みサイトよりお申込みください。
田植祭申込みサイトはこちら

【注意事項】
*募集定員は80名となっております。先着順(WEB申込優先)で定員に達し次第終了となりますので、あらかじめご了承ください
*お申し込み後のキャンセル及び返金は行っておりません。ご了承ください。
*3歳未満のお子様の参加は無料ですが、食事などの準備はございません。各自にてご用意をお願いいたします。
*開催時間、プログラムはあくまでも予定となっております。進行状況によっては変更となる可能性もございますので、あらかじめご了承ください。
*イベントは雨天決行となっておりますが、荒天の場合、開催を中止させていただく可能性がございます。
 その場合、サンクスアイFacebookにてご案内いたします。また、開催を中止した場合の参加費の返金については、中止決定後にご案内いたします。
*集合場所までの交通手段は、自己負担となります。お車でお越しの方は、駐車スペースが限られておりますので、乗り合わせでお願いいたします。

サンクスアイ株式会社
〒861-8035 熊本県熊本市東区御領6丁目1-6
TEL.096-285-3910 / FAX.096-285-3513

日本の農業を変えて、世界の食を正す。
サンクスアイは、植物性ミネラル・フルボ酸を通じ、土壌改良を行い、本物の食物が収穫できる愛産物農法の普及を行うことにより、日本の食の明るい未来を応援しています。

熊本地震から1年…

カテゴリー: その他のスタッフ ブログ 2017.04.14

昨年4月14日に発生した熊本地震から、ちょうど1年が経ちました。

私たちサンクスアイも、熊本に本社があり甚大な被害に遭いました。
震災直後は当たり前の生活が一変し、車中泊や避難所での生活を経験しました。
その後も余震に苦しみ、今でも小さな揺れに驚くことがあります。
ただ国内はもちろん、海外からもご支援をいただき、人の温かさに救われ、本当に感謝の毎日を過ごしております。

この辛い経験は消えませんが、震災で学んだ“周りの方々への感謝”・“普段の生活への感謝”を忘れず、「愛 感謝」の精神で、これからも皆さまの「サンクスアイ活動」のサポートに努めてまいります。

改めて温かいお言葉やご支援、お見舞いをいただいた皆さまへ、この場をお借りして感謝申し上げます。本当にありがとうございました。


サンクスアイ株式会社

サンクスアイ株式会社
〒861-8035 熊本県熊本市東区御領6丁目1-6
TEL.096-285-3910 / FAX.096-285-3513

日本の農業を変えて、世界の食を正す。
サンクスアイは、植物性ミネラル・フルボ酸を通じ、土壌改良を行い、本物の食物が収穫できる愛産物農法の普及を行うことにより、日本の食の明るい未来を応援しています。

グローバルコンベンション2017開催レポート

カテゴリー: ブログ 2017.03.28

2017年3月12日(日)幕張メッセ イベントホールにてグローバルコンベンション2017を開催いたしました。
当日は晴天に恵まれ、全国から多くの皆さまが会場に集結です。




場内には展示・物販・試飲コーナーが設けられ、開演までの時間を盛り上げます。





サンクスアイ株式会社 代表取締役社長 藤原誠からの開会宣言で、いよいよサンクスアイ グローバルコンベンション2017開演です!!




最初のプログラムは、サンクスアイと志をともにする、“ファーミングリテラシー協会”の理事である楯本雅己さんから協会の理念と活動報告をいただきました。
さらには、網本さんの元で研修を行っている共同研究農家さんにも登場いただき、今後の成果に期待が高まります。



楯本さんに続いては、同じく協会の理事である網本欣一さん・朝香さんご夫妻から、無農薬農法にかける想い、「愛産物」を普及するための活動を熱く語っていただきました。




農育に続いてのプログラムは、バイオマテック ジャパン株式会社 工藤義昭さんからプロテオグリカンのさらなる進化とその魅力について、開発者ならではの視点からスピーチいただきました。



発表内容に会場からは大きなどよめきが!
さらに大きな驚きが次のプログラムにも。

グローバル展開用に開発された新製品、「キャニール」の発表です。
開発者である、甲陽ケミカル株式会社 研究開発部 部長 佐藤公彦様からその魅力について、エビデンスに基づいたお話しがあり、ますますグローバル展開が加速するイメージがより具体的になります。
※キャニールは、現在海外市場でのみ販売予定です。詳細は決定次第、追ってお知らせいたしますのでお楽しみに!




さらに、新しいグループ会社の発表が。
今後のサンクスアイの物流を支える、株式会社リーヴオン
新社長の松永さんから、熱い抱負が語られました。



グローバル展開についてのパートでは、各国の代表とグローバル市場の開発担当者が各国の会員の皆さまとともに登場し、これが日本だけのイベントではないことを実感させてくれます。




ここまででグローバルコンベンション前半が終了。
後半のスタートは、恒例の記念撮影からスタートです。

全員で志が刻まれた手ぬぐいを掲げ、思いを一つにします。





そして、ここからは表彰式に移ります。
プレゼンターとして藤原に加え、営業部の米良・下山と熊本本社スタッフが見事ランクを達成された皆さまの偉業を称えます。



まずは、シルバー~シックスシルバーランク達成者の皆さまから。





続いては、ゴールド~シックスゴールド達成の皆さま






シックスゴールド達成の皆さまは、今一番ダイヤモンドに近い、サンクスアイの次代を担うNewリーダーの登場に会場も一層の盛り上がりを見せます。







いよいよグローバルコンベンションもクライマックス。
最後のランク、ダイヤモンドの表彰に移ります
新ダイヤモンド達成者をご紹介する前に、現ダイヤモンドメンバーの皆さまのご紹介を兼ね、皆さまのこれまでの功績を称えご登壇いただきました。
そして今回のコンベンションでは、新たに3名のダイヤモンドが誕生しました!

最初に登場は、2016年12月達成の飯田茂様





2人目は、2017年2月達成、市橋雅美様





そして最後は、なんと台湾で初のダイヤモンド達成、徐心偉様
台湾からもグループの皆さまが駆けつけ、その功績を称えます。





見事ランクを達成された皆さま、本当におめでとうございます!!

感動の表彰式の後は、クロージングスピーチ。

※サンクスアイ公式YouTubeチャンネルにて、このスピーチの英語版・中国語版も公開中です!

今年のテーマ“Spirit”にちなんだ、サンクスアイの未来について、藤原の魂を込めたスピーチでコンベンションの幕を下ろします。




スピーチの最後には、来年度の会場が両国国技館であることが発表され
全員で業界の“横綱”になるべく、また新たな目標に向かってスタートを切った瞬間でした。



========================================
コンベンションのさらなるクオリティ向上のため、皆さまのお声をお聞かせください。
以下のアンケートサイトから、ぜひ回答をお願いいたします。



サンクスアイ株式会社
〒861-8035 熊本県熊本市東区御領6丁目1-6
TEL.096-285-3910 / FAX.096-285-3513

日本の農業を変えて、世界の食を正す。
サンクスアイは、植物性ミネラル・フルボ酸を通じ、土壌改良を行い、本物の食物が収穫できる愛産物農法の普及を行うことにより、日本の食の明るい未来を応援しています。

3 / 112123456789...

カテゴリー

月別記事一覧