トップページ > 志ブログ

志ブログ

2011年7月18日

体内のミネラルバランスを維持する

Posted time: 08:55 | Author : その他のスタッフ |


ミネラルは生命活動の柱ともいうべき大切な働きをしていますが、ただ単に多くとればいいというわけではありません。

正しい比率が保たれて、初めて最高の機能を発揮することができます。


特に、カルシウムとマグネシウム、ナトリウムとカリウムは、細胞内外で適性な比率を保つことによって機能することができます。

ナトリウムをとりすぎ、カリウムの摂取が少ない食生活が続くと、高血圧のリスクが高まります。

また、カルシウムの摂取量が多いヨーロッパの国々では、マグネシウムを摂取しにくいこととあわせて、カルシウム過剰が心臓病の原因になってます。

残念ながら、ミネラル摂取において比率こそが重要であるということが、我が国ではほとんど理解されていません。


そして、特に欠乏が心配されるのはカルシウムとマグネシウムです。

カルシウムは、外食が多い人や若い女性ほど不足した傾向にあるようです。

カルシウムは高タンパク質食やリン酸によって失われます。


リン酸(リン酸塩)は、防腐剤・PH調整・鮮度保持・変色防止などの目的で、食品添加物として、様々な加工食品に利用されています。

このことが、現代人のミネラル不足の原因となっています。


また、カルシウムよりもさらに不足の傾向があるマグネシウムも、高脂肪食やストレスなどによって失われます。

カルシウム単独の栄養補助はマグネシウムを失わせる結果になり、動脈硬化など軟組織へのカルシウム沈着や神経系のトラブルなどの問題点を生じさせるそうです。

国際的な調査によって、マグネシウムに対するカルシウムの摂取量と、心筋梗塞による死亡発生数の関係が国別にしめされたことがあります。

そのグラフには、マグネシウムに比べてカルシウムを多くとる国ほど心筋梗塞の死亡率が高いという、正の比例を示すきれいな直線を描くように、それぞれの国が座標軸で閉めされていました。


しっかりと、バランスの取れたミネラルをとる事がとても重要ですね。

サンクスアイの植物性ミネラルはまさにバランスのとれたパーフェクトミネラルです!!

植物性ミネラルには、カルシウム、マグネシウム、カリウム、ナトリウムをはじめ、70種類以上のミネラルが人体にもっとも近いかたちで摂取できます。



豊かさの先に、食べられる喜びを
サンクスアイは、植物性ミネラル・フルボ酸を通じ、土壌改良を行い、
本物の食物が収穫できる愛産物農法の普及を行うことにより、
日本の食の明るい未来を応援しています。
サンクスアイ株式会社
サンクスアイ 株式会社
〒861-8035 熊本県熊本市東区御領6丁目1-6
TEL:096-285-3910 FAX:096-285-3513

↑PAGE TOP

« 次の記事へ   ブログトップページへ   前の記事へ »

サンクスアイのプライバシーポリシー